NEW TOPICS

【コラム】「良いDNA」のスイッチを入れる

「良いDNA」のスイッチを入れる

人には無意識に発している口癖があります。

特に気になる口癖が

 「でも」
 「しかたがない」
 「どうせ」

そう、マイナスの口癖です。

無意識に使っている言葉

マイナスの口癖が多い人は
やはり、現状がうまく行っていない人が多いように感じます。
 

だいたいマイナスの口癖は
本人は使っている自覚がありません。

「○○って言葉、よく使われますね」とフィードバックすると
「えっそうですか?!」と言われて気付く場合が多いです。

それぐらい、私たちは無意識に言葉を使ってるのです。

「でも」「しかたがない」「どうせ」などの言葉は
周囲や相手を否定したり、諦め感だったり、劣等感や自己否定感を表しています。
心の中で思っていることが、無意識に言葉の節々に出てしまうんですね。

言葉、口癖を変えると可能性が広がる

「マイナスの口癖をプラスの口癖に変えるといい」というのは
いろんな本に書かれていますし、いろんな方も提唱しています。

なぜ良いのか知ってますか?

今日は、ある説をご紹介したいと思います。

人のDNAというのは、
天才も、才能がある人も、そうでない人と同じだそうです。

アインシュタインやビル・ゲイツ、そしてエジソンと
私もあなたも99.9%同じなんです!

では、何が違うかというと
「良いDNA」と「悪いDNA」があり、
その中でも、「良いDNA」にどれくらいスイッチが入っているかによって
 “差”が出てくるそうです。

「良いDNA」のスイッチを入れるのに効果あるのが
『プラス思考』なんです!!

物事をネガティブに捉えるのではなく
何でもプラスに捉えていくことで、良いDNAにスイッチが入り
眠っていた可能性が引き出されて行きます。

でも、すぐに心の中で無意識に思っていることや、
思考を変えることは難しいです。

難しいからなかなか変わりません。

すぐに変えることができるのは、言葉や口癖です。
思考を変える前に、思考と密接に関係している
言葉や口癖を先に変える方がずっと簡単です。

意識的にプラスの言葉や口癖を使うことで
思考がプラスに変わり、どんどん良いDNAにスイッチが入って行きます!

逆に、マイナスの言葉を使い、マイナス思考ばかりしていては
良いDNAにスイッチが入らず眠ったままになってしまいます。
さらには、悪いDNAにスイッチが・・・!!

そしてDNAは年をとらないそうなので
いつからでも、良いDNAにスイッチを入れることができ
自分の可能性を開くことができます。

プラスの言葉、口癖に変えるだけで、身体の内側から変わって行くんですね。
プラスの言葉、口癖を使って良いDNAのスイッチを「ポチッ♪」

by Musee | 2009.10/01 | コミュニケーション, コミュニケーションコラム