NEW TOPICS

【コラム】YES,ANDで主張する

YES,ANDで主張する

主張のタイプは大きく3つあります。

1.雷タイプ~聞く耳を持たない頑固者~

 人間関係を勝ち負けで考え、絶対に相手に負けたくない。
 相手を見下す事で自分の優位を証明しようとする。
 相手を傷つけてしまうことも。
 周囲は対立を恐れびくびくすることも。

2.自己犠牲タイプ~はっきりしない自己犠牲者~

 相手を優先し自分さえ我慢すれば良いと自分を犠牲にする。
 自分で決断したり主張する事も少なく、はっきりしない。
 自分を常に卑下し主張をしない事で責任逃れし周囲を苛立たせる。

3.変化球タイプ~隠れて攻撃する戦略者~

 対立せず間接的に相手に仕返しをする。
 うまく周囲の人を利用、コントロールし相手に罪悪感を抱かせ、
 自分の思い通りにする。
 相手に悪く思われたくない気持から、遠まわしに
 嫌味や非言語で主張し傷つけるが証拠がなく責められない。

読んだだけで

 「嫌な人~!!」って思いますよね。

でも、大きくはこの3つに分かれるんです。

いませんか周りに思い当たる人が・・・?

あなた自身はどのタイプ傾向がありますか?

なぜ、建設的に、協調的に主張できないのか?

どのタイプも、それぞれ思惑があってそれぞれの主張の仕方をしてしまうんですよね。

雷タイプは

物事を勝ち負けで考える思考パターンを持っており
自分は悪くない!って思いこんでいる節があります。
強気ですが、実は自信のなさから攻撃的になってしまうこともあるんです。
ホントは3タイプの中で一番撃たれ弱いのかもしれません。

自己犠牲タイプは
主張することで、嫌われたくない、評価を下げたくないと思っていることが多いです。
だから主張せず、相手についつい合わせてしまう。
一見いい人だけど、実は自分が一番大切なんです。
言えない原因は、自分自身の自信のなさが大きく影響しています。

変化球タイプは
雷タイプと自己犠牲タイプが合わさってます。
自分は悪くない思い込み、でも相手を傷つけたくない、嫌われたくない。。。
だから、直球で主張せず、「みんなが言ってます!」と一般化で話したり
態度や嫌味で主張してしまうんです。

どのタイプも
建設的に協調的に主張していません。

特に日本人は「意見を主張をする」という事に不慣れで、
どちらかと言うと、自己犠牲タイプや隠れ攻撃タイプが多いように感じます。

恐らく、自己犠牲タイプ、変化球タイプの方々は
自分の意見を主張すると
相手の意見を否定してしまう、傷つけてしまうと思うから
自分の意見が言えなくなってしまうことが多いのではないでしょうか。

また、雷タイプは
相手の意見を聴いてしまうことは
自分が否定されてしまう、と思うから
相手を攻撃的に論破してしまうのではないでしょうか。

相手を否定することなく、自分の主張を伝える方法

では、どうしたら
お互いに嫌な思いをせず
建設的に協調的に主張し合えるのか?

それは、インプロのゴールデンルールでもある
「YES,AND」で主張することをオススメします!

「YES」とは
「あなたはそういう主張ですね、そうお考えですね」と受け入れること。

受け入れるとは、同じ意見に同調することではありません。
相手が言っている主張をただ認めることです。

それは、良いも悪いもなく
ただただ、主張を認め、受け入れること。
あなたもその意見にする必要はありません。

そして「AND」
これは、自分の主張です。
「私はこう思います」の部分です。

「YES,AND」は、相手の主張を認め、受け入れてから
自分の主張を伝える方法です。

相手の主張を否定することなく
自分の主張を伝える方法。

「あなたは、そういう主張ですね。
 私は、こう思うんですよ」って主張すれば
 相手を否定することなく、自分の主張ができるのです。

 
互いに、主張し合ってこそ
「では、互いの主張を満たす為にどうしたらいいか?」って
発展的会話に繋がって行きます。

相手の主張を否定したり、黙っていては
発展もなにもありません。

主張というものは
それぞれの価値観があり、それぞれの想いもあります。

だから、どれが正しくて、間違いなのか?という答えが
あってないようなものですよね。

不毛な議論に時間を費やすよりは、
互いの意見を認め合い、尊重し合い
互いが「良いね!」と思える、別のアイデアを見つける方が賢いです。

そうしたら、喧嘩も戦争もなくなるかもしれませんね。

by Musee | 2009.10/01 | コミュニケーション, コミュニケーションコラム