NEW TOPICS

【コラム】叱り言葉バリエーション

叱り言葉バリエーション

今、書いている2冊目の本は“叱り言葉”のフレーズ集。

やっと、2/3書き終わりました。

なぜ、叱り言葉のフレーズ集を書こうと思ったかというと・・・

上手に叱れない原因が、言葉にあると思ったからです。

上手に叱れないのは、心の問題でもあります。

叱る側の恐れ、罪悪感、無関心さがあると、
叱ろうと思っても、うまく行かないことが多いです。

しかし、心の問題だけではないんですね。

もう1つの問題は、

叱る言葉のボキャブラリーが少ないことにあります。

ボキャブラリーが少ないと、

 適切な言葉がでてこない、
 言葉につまる、
 しどろもどろになる、
 強引になってしまう、
 ドキドキ、もじもじしてしまう

 …叱った後、気まずいんです。

恐れや、罪悪感は、

自分の言葉によって、

相手を傷つけてしまうんじゃないか、
それによって、嫌われてしまうんじゃないか

という想いから生まれます。
 
 
しかし、

自分が発する言葉が、

相手を傷つけるものではなく、
励まし、勇気づけるような言葉だったら…

叱ることに恐れや罪悪感を感じることもなくなると思うのです。

「こんな時には、こんな言葉で叱る」という叱り言葉を知っているだけで、
気持ちは楽になれ、叱ることにも自信が持てます。

今回の本では100以上の叱り言葉を載せる予定です。

こんなに叱り言葉ってあったんだ!と、
自分でも発見がたくさんありました。

今日は、その中でも、
私のお気に入り叱り言葉を少しご紹介します!

●かつての先輩、年上部下を叱る

 「○○さんには、皆の憧れの存在でいて欲しいんです!」

 
 かつての先輩、年上部下って、叱りにくい相手ですよね。
 恐らく、「叱ろう!叱らなきゃ!」と思うから、
 余計にうまく行かないと思うんです。

 叱る際、問題行動を指摘するだけでなく

 相手にどういう存在、役割でいて欲しいのかを
 
 率直に伝えると効果的です。

 憧れの存在、見守る存在、後輩たちを育てる役割など
 どういう立ち振る舞いをすればいいのかを伝えます。

 年上部下さんも、年下上司のもと、
 どう立ち振る舞っていいか戸惑っていると思うんです。

 しかし、経験、知恵が豊富な方々だからこそできることがあります。
 それを活かすように導いてあげてください。

●万能!叱り言葉

 「あなた…とてももったいないよね」

 原則、「叱る」とは

 “ダメだから叱る”のではなく、
 “能力がある、可能性があるからこそ叱る”というスタンスが大切
です。
  
  叱る側の気持ち、姿勢は言葉に表れます。

 能力があるからこそ叱るとは、

 「あなたには能力があるのに、
  それが活かされていない。発揮できていない」

 という意味合いが相手に伝わらなくてはいけません。

 それを表す叱り言葉が

 「もったいない」です。

 他にも、

 「あなたの努力(頑張り)が、ムダになっちゃう…だから~しよう」

 というのも効果的。

 これらの言葉は、勢いよく叱らず、
 つぶやき系の方が伝わります。

●叱らなくっても叱った効果がある物語話法
 叱ることが苦手な方にオススメです!

 ダイレクトに叱れないなら、物語を通して叱ります。

 例えば…

 結果がでない部下に対して、
 「何やってるんだ!」「結果出せよ!」ではなく、

 「昔、結果がでなくって、すごく悩んだことがあったんだ…」

 とあなたの経験談を話します。

 その経験話の中に「行動すれば必ず実る」、「ピンチはチャンス」など、
 相手に伝えたいメッセージを込めます。

 経験談は、相手に強要するものではありません、
 あくまでもあなたの経験、物語なので、抵抗感がなく、相手も聴く耳を持ってくれます。
 他にも、

 相手に伝えたいメッセージを、
 相手とはまったく関係のない人の話(物語)の中に埋め込んで話をします。

 例えば、仕事はできるが協調性がないん部下に場合、
 「もっと皆と協力しあって仕事をしなさい!」と言うのではなく、

 「昔、協調性のない部下がいてね。能力はある部下だったんだけど、
  そのせいで正しく評価されなかったんだ」

 という具合に暗に示します。
 
 相手のことを直接触れないので、抵抗感がありません。

 
 物語を使って叱るのは、

 “あらためて”の場所よりも、
 休憩中や飲み会など仕事とは少し離れた場所で、自然に話すといいですね。
 

こんな感じで、叱り言葉のバリーションをたくさん書いています。

 
 他にも

 ・自分よりも経験豊富な部下を叱る
 ・異性への叱り方
 ・叱りにくい相手を叱る
 ・反発された時の切り返し法
 ・上司を叱る

 など、多くの方が悩まれている
 シーンや相手別の叱り言葉を紹介しています。

言葉が変わると、心が変わります、

心が変わると、行動が変わります。

そして、自分の行動が変わると自然と相手も変わります。

質問・お問い合わせはこちらま

by Musee | 2010.05/01 | コミュニケーションコラム, 叱り方