NEW TOPICS

【コラム】上から目線

上から目線


研修の中で、

「嫌な叱り方はどんな叱り方ですか?」というテーマで

ディスカッションして頂く時間があります。

その中で、よく出てくるのが

「上から目線で言われると気分が悪い」という意見。

最近、よく聞きます。


 「上から目線の物言いに気分が悪くなった」

 「なんであんなに上から目線なの?!」

 「上から目線の言動、どこからあの自信出てくるの?!」


など

“上から目線”という言葉。

“上から目線”に敏感な方が多くなったのでしょうか?


今回は“上から目線”の心理を考えてみたいと思います。

言う側、受け取る側



今回このテーマを取り上げるきっかけになったのは、
この一冊に出会ったからです。


「上から目線」の構造 榎本博明(日経プレミアシリーズ)


研修の中のディスカッションでよく出てくる

“上から目線”という言葉。

なぜ、そんなに“上から目線”という言葉が出てくるんだろう?

なぜ、人は“上から目線”が気になるんだろう?

と思っていたところにこの本に出会いました。


みなさんは

“上から目線”が気になる方ですか?

あるいは、

ついつい“上から目線”になってしまう方ですか?


自分よりも経験や知識が豊富の相手から

助言、アドバイス、注意をされても当然だと思うのですが、

そういう場合でも、上から目線ととられ受け止めてもらえない。

こちらとしては、

相手のことを想い言った言葉でも

相手にとっては、余計なおせっかい、不快なものにしてしまう場合があるようです。


なんでこんな風になってしまうんでしょう・・・


お互いがお互いの言い分、考えがあると思うのですが、

“上から目線”は、

言う側、受け取る側、どちらが悪いとかではなく

双方に問題がありそうです。


まず、“上から目線”が気になる・・・という方の場合。

なぜ、気になってしまうのか?

それは、心の中に“見下され不安”があるから、

と本では解説されていました。


人より優に立ちたい想いが強いのに
現実にはなかなか優位に立てない。
自信がないから相手の上から目線を過度に気にしてしまう。


自分が勝っている、優位に立っていると
思えれば良いですが・・・


そうでない時、不安や恐れが強まり
優位に立ってると見せたいと思い尊大な言動をする。


 その言動が

「上から目線で言うのやめてもらえますか?」

実際、言葉に出さなかったとしても

心の中でその言葉が浮かぶ。


見下され不安は

劣等感コンプレックスが深く影響しているようです。


劣等コンプレックスが強いと

物事の捉え方、判断が

「上、下」、「勝ち、負け」など

他者と比較をして捉える傾向が強いです。


また、自尊心が低くなりがち。

自尊心とは

自分を大切にする気持ちや

自分の思想や言動などに誇りを持っている状態。

簡単にいうと

「自分が好き」という気持ちでしょうか。


見下され不安が強い人は

他者からの言動をネガティブな方向に歪めて
捉えてしてしまう傾向があるようです。

相手は見下したつもりはないのに
見下されたと被害者意識に満ちた解釈をしてしまう。

その結果、相手に自己防衛的で攻撃的な言動や考えに陥ってしまう。

それが

上から目線を気にする心の中なんです。


 「自分は見下されているのではないか?」
 という不安、恐れを抱けば抱くほど

有益なアドバイスや情報も
こちらに対して優位を誇示する材料として受け止めてしまい
感謝をすることができず、それどころか反発心が生まれてしまうのです。


相手の言葉の内容云々ではなく
どうやら受け止める側の心によって
“上から目線”は生まれているようです



続けて、伝える側の問題。

 ・必要以上に威張り散らす
 ・言い分を聞かずに一方的に押し付ける
 ・持論が強すぎ他者を否定する言動
 ・何でも独りよがりに決めつける
 ・やたらと偉ぶる、人前で横暴な態度をとる
 ・自慢話が多い


こんな風になってしまう方いませんか?
あるいは身近にいらっしゃいませんか?


伝える側も受け止める側同様、

「自信のなさや不安、恐れ」があるようです。

「不安や恐れを見透かされたくない、軽く見られたくない」という自己防衛。

やはり伝える側も

劣等コンプレックスに支配されているようです。


 自分に自信がないため、
 虚勢を張って自分を大きく見せようとする。

本当に相手に

その結果

横暴な態度、決めつけるような言い方、ひけらかす姿勢となって表れてしまう。


「成長して欲しい、良くなって欲しい」という

親心で伝えているなら問題ないんですけどね・・・。

自信のなさの自己防衛、攻撃で発した言葉は

相手に響きません。

むしろ見透かされ、信頼関係を壊します。


受け止める側にも、伝える側にも

「心の成長」が必要なんでしょうね。


 
自尊心高く心が成熟した人は、
コンプレックスに振り回されません。

本の中でこんな一節がありました。


 

 自信のある人は自分を変えることにそれほど抵抗はないが

 自信がない人は今の自分にこだわる。

 指摘を受けると自信のない人は

 自分が全否定されたかのように感情的な反応を示す。


 

自信があれば人の意見に耳を傾ける心の余裕があるはず。

アドバイスを取り入れれば

もっと今よりももっとよくなれるはず。


 
“上から目線”

 私たちの心の未熟さの表れのようです。


どちらが正しい、正しくない・・・ではなく、

互いに、自分の心の未熟さに気づき、

心を豊かに成長させていくことが必要なのではないでしょうか。

この本を読んでいて

私のこと?!

と反省する点が多かったです。

“上から目線”・・・奥深いですね。

上から目線をあらゆる角度から解説した

とても面白い一冊でした。



質問・お問い合わせはこちらまで

by Musee | 2012.01/01 | コミュニケーションコラム, 伝え方


【コラム】~説得はNG!~

~説得はNG~

昨年、ご協力頂きました
職場内コミュニケーション調査2010年度版の
プレスリリース
を発表しました。


翌日、中日新聞朝刊に、
調査結果が取り上げられました。

調査結果の中でも
私が一番、興味深かったのは

叱りにくい相手がいると感じている人が
75%もいたということ。

4人に3人は、そう感じられているんですね・・・

皆さんはいかがですか?

肯定的意図を探る


どういうタイプが叱りにくいと感じるか?という問いに対して、

 1位:反抗的、感情的

 2位:年上

 3位:話を聞かない、言っても聞かない

という結果が出ました。

一言で言えば、

 こちらが言うことを、すんなり聞き入れてくれないタイプですね。
 
確かにそうですね、

すんなり聞き入れてくれれば、

何の苦労もありません。

叱ることにも躊躇がなくなるでしょう。



しかし・・・

 なぜ、反抗的な態度をしたり

 言っても聞かないんでしょう?




むかし、むかし

私が小学生の頃の話です。

算数の授業でテストがありました。

私が苦手な分野のテストで、散々な結果でした。


いつもなら、親にテストを見せるのですが、

その算数のテストは見せずに隠してしまいました。

「テストは?」と聞かれても

「まだ返ってきていない」と嘘をつき

その場を取り繕うのですが、

こういう嘘はすぐばれます。

「何で隠したんだ?!嘘をついたんだ?!」と

ひどく怒られました。。。

怒られて当然なのですが、納得がいかない。

溢れる涙は、怒られて・・・とうより、

 “わかってもらえない悲しさ”の涙。
 

テストを隠し、

嘘をついたのはいけないことです。

でも、その行動の裏側には

「怒られるから」というより、

「期待している親を悲しませたくない」という気持ちがあったんです。



人の行動には全て“肯定的意図”があります。

どんなに否定的に見える行動でも、
自分には理解不能な行動でも、
その行動をとった本人には肯定的な意図があるのです。



私の場合は

テストを隠す、嘘をつくという行動により

親の悲しむ顔を見たくない

あるいは

親からの期待を下げたくない、期待されていたい

という意図があります。

意図とは言葉を変えれば、

その行動をとった本人が得たいものとも言えるでしょう。


人はこの肯定的意図が否定されてしまうと

心の扉を閉ざそうとします。

あるいは

反抗してでも、肯定的意図の実現しようとします。

しかし、私たちは

 「何とかわかってもらいたい」と思い、

 一生懸命、説得しようとします。

これも説得する側の肯定的意図があってのこと。



説得しようとすればするほど、心の扉は閉ざされ、反抗される、

そしてますます、一生懸命、説得する・・・悪循環。

お互いの肯定的意図のぶつかりあいです。
 


この悪循環を打破するには、 

その行動をした肯定的意図を認め、理解してあげることです。

肯定的意図を認め、理解してもらえた瞬間、

相手は心を開いてくれます。

叱るのは、その後です。

心が開き、聞き入れてくれる状態を作ってから。




もし、あの時

親が私の肯定的な意図を理解してくれていたら・・・

“わかってもらえない悲しさ”の涙ではなく

“わかってもらえる喜び”の涙だったかもしれません。



説得はダメですよ。

目指すは納得と共感です!

その為には、

 相手の肯定的意図は何だろう?

 相手は何を得ようとしているんだろう?

と、考えてみて下さいね。




質問・お問い合わせはこちらまで

by Musee | 2011.01/01 | コミュニケーションコラム, 伝え方, 新着情報


【コラム】1分間コミュニケーション

1分間コミュニケーション

あなた自身、もしくは会社や商品の魅力を

1分で伝えるとしたら…どんな風に伝えますか?

エレベーターが目的の階に着くまでの短い時間で

自分や事業を相手に売り込み、

与えられたチャンスを活かす―これをエレベーター・ピッチといいます。

30秒から1分という短い時間のコミュニケーション。

チャンスをつかむ時間にするのか、

何気なく乗り過ごすのか…あなたならどんな風に時間を使いますか?

エレベーターに乗っていたら、

役員や取引先の方など重要な人物、キーマンが乗り込んで来る。

その短い時間で

約束を取り交わしたり、根回しをしたり、セールスしたり…

海外の映画でこんなシーン、よくありますよね。

これをエレベーター・ピッチといいます。

みなさんは、エレベーターに乗っている間

どんな風に過ごしていますか?

エレベーター・ピッチは、
シリコンバレーが発祥だそうです。

次のGoogleを目指す多くの起業家たちが
日々、プロの投資家たちに自分のビジネスプランをアピールします。

そんな中、

「起業家はエレベーターの中で投資家に会ったら、
 自分のビジネスプランを30秒で的確に伝えられなければ未来はない」と言われてきたそうです。

すごい世界ですね。

ここまでの世界ではなくとも、

“短い時間で、自分が言いたいことを相手に的確に伝える”というスキルは

ビジネスパーソンに必要ではないでしょうか。

報連相の研修でも、

「報連相は1分でまとめましょう」という話をよくします。

「ちょっといいですか?」と言い、
その後、10分も20分も相手を拘束してしまうのはNGですよね。

時間がかかる案件は別で時間を取って頂くとして、
日常の中の報連相は、できるだけ短い時間で確実に取って行きたいものです。

1分で話せる文字数は、だいたい300~400字ぐらい。

この文字数で、言いたいことを伝えなくてはなりません。
伝えたいポイントを短時間で伝えることができないと、
せっかくのチャンスを無駄にすることになります。

効果的な伝え方とは?

では、どんな風に伝えたらいいか?

よく使われる手法はPREP話法です。

 POINT=ポイント、結論「私が言いたいことは~です」
 REASON=理由「なぜならば~」
 EXAMPLE=事例、具体例「例えば~」
 POINT=ポイント、結論を繰り返す「だから、~なんです」

もちろんPREP話法を使うのは効果的なんですが、

一番お伝えしたいのは伝える情報の優先順位をつけること。

1分でまとめるというのは、あくまでも目安の時間です。
相手にどれぐらいの時間があるかは、話し手にはわかりません。

話し始めたら、急に電話が鳴る、誰かに呼ばれる、来客が来る…
こんな状況ありますよね?

1分でまとめておいても、30秒しか聴いてもらえないこともありますから、
伝える順番を工夫した方がベターです。

その工夫とは、新聞やニュースの原稿の構成がとても参考になります。

新聞やニュースは、

 「今日、午後6時頃●●事件が起こりました」…見出し(一番言いたいこと)
 
 「詳しくは~でした」…本記

 「~理由(原因)でした」…理由や原因

 「明日には~です(現在~しています)」…見通し

 「ちなみに~もありました」…エピソード

こんな構成が多いですよね。

新聞やニュース原稿は“逆三角形で書け”と言われているそうです。

逆三角形とは、分量のことではなく
ニュースバリューが大きなものから書くということ。

つまり、伝えなくてはならない
重要なこと、価値あることから伝えるということです。

特にニュースでは、放送時間の都合で
用意した原稿を全て読み切れないこともあるため、
原稿を削ることがあり、その時は、原稿の最後から削るそうです。

見通しやエピソードは
削られる可能性が高い部分なんですね。

この考え方は、ビシネスシーンにおける
1分間コミュニケーションにも応用できます。

自分が伝えたい情報に優先順位をつけ、
途中で、時間がなくなったとしても、
自分が伝えたいことだけは、ちゃんと相手に伝わっている。

1分は短い時間といえば短いのかもしれません、
しかし、伝え方を工夫すれば、伝えたいことが伝わる十分な時間にもなります。

1分間コミュニケーション、ぜひお試しください。

*新聞やニュース原稿の構成は

 池上 彰さんの「わかりやすく伝える技術(講談社現代新書)」
 から引用させて頂きました。

 こちらの本には、池上さんが報道の現場で培った
 伝える技術のノウハウが詰まっています。

 伝える力を高めたい方には、オススメの一冊です!

質問・お問い合わせはこちらま

by Musee | 2010.06/01 | コミュニケーションコラム, 伝え方


【コラム】心を動かす伝え方

心を動かす伝え方

仕事の中で、いろんな意見を出していく能力、
また企画や提案のノウハウはどうしたら身につくのでしょうか?

 

意見主張、企画や提案する能力は、
商談の場面、上司への説得など仕事をする上で、
求められる能力の1つです。

 

仕事以外にも、
・家庭内で新車購入するために、奥さまを説得する、
・好きな彼、彼女をデートに誘う
・セミナーやイベントにお友達を誘う などなど

 

仕事に限らず、プライベートでも必要な場面がたくさんあります。

 

しかし、自分の説明力、伝え方に課題をお持ちの方も多いようです。

 

言いたいことはあるんだけど、
なんだか、うまく伝わっていない、伝わり切らないと思うことはないですか?

 

自分が伝えたいことを相手に伝えるには、
少し考えておくこと、準備が必要
です。

 

それには3つのポイントがあります。

 

1.自分が伝えたいこと伝えてはいけない

 

 相手に何か伝える時に
 まず、考えなくてはならないのは、

 ただ伝えるのではなく、
 相手に“伝わる”ようにするにはどうしたら良いか?ということです。

 とかく、自分が話したいこと、
 言いたいことばかり話してしまう傾向があります。

 忘れないで欲しいのは

 自分が言いたいこと と 相手が聴きたいことは
 必ずしも、イコールではないということです。

 人が不快に思うコミュニケーションの1つは、
 一方的、自己中心的に話されることです。

 聴き手の気持ちを無視した会話は、
 相手を不快にさせてしまうのです。

 相手はどんな話なら興味を持ってくれるかな?
 どんな風に話したら、聴いてくれるかな?
 相手に伝わる話にするには、何を話せばいいかな?

 など、相手本位で考えると
 話し方、話の内容のヒントがみえてきます。

 

2.ゴールのない話は聴き手を迷わせる

 

 準備はしたものの、話している途中で訳がわからなくなる、
 話がそれてしまうなんてことはありませんか?

 それは、ゴールが決まっていないからです。

 ゴールを決めるとは、伝えることによって
 相手にして欲しいアクション、望ましいアクションを明確にすることです。

 ・家庭内で新車購入するために、奥さまを説得する
  →新車を購入していいよと言ってもらう

 ・好きな彼、彼女をデートに誘う
  →デートしてくれる

 ・セミナーやイベントにお友達を誘う
  →セミナー、イベントに来てもらう

 など、相手にして欲しいアクションは何なのか?
 はっきりさせておきましょう。

 

3.話しの組み立てにはコツがある

 

 話しが分かりやすい、上手な方には特徴があります。

 聴いていて、
 「なるほど~、そうだよね!」と納得できてしまう話し方です。

 そういう話にするには、
 話の組み立てを工夫する必要があります。

 スタンダードで手軽に使えるPREP話法というものがあります。
 

 P:Point・・・主張、結論 「私が言いたいことを一言でいうと」

 R:Reason・・・理由、根拠 「なぜかというと・・・、理由は・・・」

 E:Example・・・事例、具体例 「例えば、具体的には~」

 P:Point・・・最初の主張を最後に繰り返す「だから、私の言いたいことは」

 例えば、

 P:毎朝、全員で顔を合わせて朝礼をした方が良いと思います。

 R:なぜやった方が良いかというと、
  朝しか、全員で顔を合わせて話す時間がない、
  ホウレンソウし合う場所がないからです。

 E:先日も、こんなことがありました。
  A社の納品遅れの件を担当者に
  きちんと連絡ができないということがありました。
  メモ書きで、担当者に連絡したのですが、
  うまく伝わっていなく、結果的にA社への連絡が遅れクレームになってしまいました。

 P:こういったホウレンソウミス、クレームを起こさない為にも
  朝、顔を合わせ、互いにホウレンソウし合う場である朝礼をする必要があると思います。
 

 このような感じです。
 

 ビジネスシーン以外でももちろん使えます。

 P:今晩はお鍋にしよう!

 R:今週からぐっと冷え込んで寒い。
  冷蔵庫の残り野菜で作れて経済的!しかもダイエット効果あり!

 E:今年はトマト鍋が流行りみたい、
  栄養があってカロリーも低くてダイエット向き!
  他にも、水炊きなら、すぐ簡単にできそうよ。

 P:だから、今晩はお鍋にしようよ~♪

 なども使えます。

 特に大事なのは、
 Reason、理由、根拠のところです。

 ついついやってしまうのは、主観的な理由になってしまうこと。

 例えば、
 P:今日はお鍋にしよう!
 R:だって、私が好きだから♪
  だって、食べたいんだもん。

 これでは、相手は「なるほど~、そうだよね~」と思ってくれません。

 自分がどうこうではなく、
 相手が「なるほど~、そうだよね~」と思える理由、根拠を用意するのがポイントです。

 ですから、上の事例も
 経済的、ダイエットのキーワドに
 ピンと来ない人には向かない話です。

 

 ここが
 1.自分が伝えたいこと伝えてはいけないに繋がってくるところです。

 

 相手はどんな話なら興味を持ってくれるかな?
 どんな風に話したら、聴いてくれるかな? 
 どんな理由、根拠なら相手は納得してくれるかな、と考えて欲しいのです。

 

伝えると伝わるとでは、大きな違いがあります。
相手に伝わる話とは、相手の心に届くということ。

 

つまり、相手の行動に何かしらの変化がある、
自分が望んだアクションを相手がしてくれる、ということなのです。

 

ぜひ、3つのポイントを使って
伝え上手になって下さいね。

 

お問い合わせ・質問はこちらまで

by Musee | 2010.04/20 | コミュニケーションコラム, 伝え方