NEW TOPICS

【コラム】劇的に人が変わる方法

劇的に人が変わる方法

前職、外食チェーンで働いていた私。

そこで働いている多くは、学生アルバイトやフリーター。

時給で働いている彼らですから、

イヤだと思ったらすぐに辞めてしまうし、

言われたことしかやらないスタッフも多々いました。

しかし、あることが変わると

指示待ちで、モチベーションが低かった彼らが、

主体的に、自発的に劇的変化をします。


もしかしたら社員よりも高いパフォーマンス?!と思えるほどの変化ぶりです。

何が人をこんなに変えてしまうのでしょう?

あなたのアイデンティティーは

結論からいうと

アイデンティティーが変わると、人は劇的に変わります。


アイデンティティーとは

辞書で調べると


 1.自己が環境時間の変化にかかわらず、
  連続するものであること。主体性。自己同一性。

 2.本人に間違いないこと。身分証明。


という意味合いで説明されていますが、

もう少し分かりやすく表現すると

“存在意義や自己認識(自己イメージ)”のこと。

どんなアイデンティティーを持っているかによって

人の行動や思考、価値観は変わります。


人の行動や思考、価値観というものは

自分のアイデンティティーに相応しいものなんです。


以前もご紹介したことがありますが

「ニューロロジカルレベル」というものがあります。

ニューロロジカルレベルとは意識のレベルのこと。

私たちの意識にはレベルがあります。

そのレベルは五段階あると考えられており、

一番下は「環境レベル」

続いて、「行動レベル」、「能力レベル」、「信念・価値観レベル」とあり、

一番上には「アイデンティティーレベル」があります。

特徴的なのは、レベルが上に行くほど深い部分の意識であり、
 
自分にとって影響力が強い意識ということ。
 

つまりアイデンティティーが

その下のレベルに大きな影響を与えるということです。


もう少しこの5段階を説明すると、

 環境レベルの意識とは「私はいつ、どこにいるのか」という意識

 行動レベルの意識とは「私は何をしているのか」という意識

 能力レベルの意識とは「私はどのように行動しているのか」という意識

 信念・価値観レベルというのは
   「私はなぜこのやり方でやっているのか?何が大切か?」という意識

 アイデンティティーレベルの意識は「私は何者か?使命は?」という意識です。


例えば、あるアルバイトさんのニューロロジカルレベルをみてみましょう。

 環境レベル:私は○○店でアルバイトしている

 行動レベル:私は食事をお客様の元に運んだり片づけたりしている

 能力レベル:私は指示されたこと、言われた作業をやっている

 信念・価値観レベル:私は言われたことだけやればいい
           アルバイトの目的はお金のため

 アイデンティティーレベル:私はただのアルバイト、作業人


 
とてもやる気があるアルバイトさんに思えませんね・・・。


アイデンティティーが、その下のレベルに

大きな影響を与えるのですから、

このアルバイトさんのアイデンティティー

「私はただのアルバイト、作業人」がその下のレベル、

信念・価値観、能力、行動、環境レベルに影響を与えていることになります。


冒頭で「アイデンティティーが変わると、人は変わる」と説明しました。   


ということは、このアルバイトさんの場合

「私はただのアルバイト、作業人」という

アイデンティティーが変わると、その変化に伴い

信念・価値観、能力、行動も変わっていくということになります。

これがポイントなんです!


指導をする際、信念・価値観、能力、行動レベルに働きかけるのではなく

アイデンティティーのレベルに働きかけると効果的なんです。

私はよくアルバイトさんに

「あなたの仕事は

 食事を運ぶことじゃない、片づけることでもない。

 あなたの仕事、役割は

 お客さんを元気にすること。

 お客さんを元気にして、地域を元気にして、日本を元気にすること!

 どんな小さな仕事でも、それは作業ではなく

 お客さんを元気にするためのこと。

 あなたは仕事、役割はお客さんを元気にすることだよ」という話をしていました。


すると

「私はただのアルバイト、作業人」というアイデンティティーが

 
「私はお客さんを元気にする、日本を元気にする人」

 というアイデンティティーに変わって行きます。

 (もちろん、1回言って変わる場合もありますし、

  何度か言わないと変わらない場合もあります)

アイデンティティーが下のレベルに影響を与えますから、

その下も一気に変化します。


  アイデンティティーレベル:私はお客さんを元気にする、日本を元気にする人
 
  信念・価値観レベル:お客さんを笑顔、元気にしたい
            アルバイトは自己成長に繋がる場

  能力レベル:私はお客さんを元気にするために、仲間と協力し合う
        元気にするためのアイデアを考えている

  行動レベル:私自身も笑顔で元気で働いている

  環境レベル:私は日本を元気にするすばらしい会社でアルバイトしている


 
アイデンティティーが変われば、

信念・価値観、能力、行動など細かい指導をしなくても

アイデンティティーに相応しいものに変わって行きます。

 アイデンティティーの変化は劇的に人を変えます。

 
これは指導だけではなく、自分自身にも当てはまります。

アイデンティティーをどう持つかによって、

行動が変わり、やる気も変わり、結果も変わってきます。

みなさんのアイデンティティーは何ですか?
 
みなさんは何者ですか?何をやっている人ですか?


私のアイデンティティーは

「研修講師」ではなく「輝いた未来を創る人」です。

 
大人を輝かせ、その輝きが子供たちの輝きに繋がり

100年後の未来を輝かせます!

みなさんもアイデンティティー、考えてみてくださいね!





質問・お問い合わせはこちらまで

by Musee | 2012.01/01 | コミュニケーションコラム, 考え方